スバル、民間向け最新型ヘリコプターの大型模型など展示予定…国際航空宇宙展

SUBARU BELL 412EPX
SUBARU BELL 412EPX全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は、11月28日から30日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「国際航空宇宙展2018東京(JA2018)」に出展する。

2年振りの開催となるJA2018は、国内外の航空宇宙産業関係者が集う展示会。スバルは「受け継がれる、ものづくりの情熱」をコンセプトとし、安心・安全を実現する高度なインテグレーション能力と、次世代へ向けた取組みをゾーン別に展示する。

「SUBARU BELL 412EPX/UH-Xゾーン」では、今年7月に米国連邦航空局の型式証明を取得した、民間向け最新型ヘリコプター、スバル・ベル「412EPX」の大型模型(2/5スケール)および、同機をベースとした陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター「UH-X」の模型(1/10スケール)を展示する。

「旅客機ゾーン」では、ボーイング社と共同開発したボーイング『787』の中央翼のスケルトン模型(1/10スケール)を展示する。「完成機ゾーン」では、海上自衛隊向け練習機「T-5」、航空自衛隊向け初等練習機「T-7」、陸上自衛隊向け多用途ヘリコプター「UH-1J」、陸上自衛隊向け戦闘ヘリコプター「AH-64D」など、スバルが手掛ける完成機を模型で紹介。「無人機・将来技術ゾーン」では、「空の移動革命に向けた取組み」として将来モビリティの可能性について映像展示にて紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • SHINJUKU ODAKYU PARK(整備中、8月7日)
  • スバルの岡田稔明専務執行役員
  • スバル 新型クロスオーバー クーペSUV(予想CG)
  • 決算を発表するスバルの岡田稔明専務
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/22/316449.html/article/2018/11/22/316448.html/article/2018/11/22/316450.html