【F1】優勝経験者ロバート・クビサ、ウイリアムズの来季実戦シートを獲得…ラリーでの負傷を乗り越え復帰

クビサ(11月22日、F1アブダビGP) (c) Getty Images
クビサ(11月22日、F1アブダビGP) (c) Getty Images全 7 枚写真をすべて見る

英国の名門F1チーム、ウィリアムズは22日、来季2019年のレースドライバーとしてロバート・クビサの起用を発表した。クビサのF1実戦参戦は2010年以来、9シーズンぶりとなる。

クビサはこの12月で34歳になるポーランド国籍の選手。「クビカ」と表されることも多い。F1ドライバーになるのに有利とはいえない地勢の国の出身で、長身という不利要素も抱えながら、その才能と実績でチャンスをつかみ、2006年シーズン途中に当時のBMWザウバーからF1実戦デビューを飾った。

2008年カナダGPで初優勝(現段階でF1通算1勝)。2010年はルノーに移籍して戦った。しかし2011年2月に参戦したラリーで大きな負傷をしてしまい、そのキャリアは一旦途切れることに。

不屈の闘志で競技に復帰したクビサは、世界ラリー選手権(WRC)などに参戦、近年は次第にF1の周辺でも再びその名が聞かれるようになっていた。今季2018年はウイリアムズのリザーブドライバーに就任。そして来季2019年のレースシートを獲得し、9シーズンぶりとなるF1実戦復帰を果たすこととなった。

なお、ウィリアムズのもうひとつの来季実戦シートに関しては、F1実戦デビューとなる英国籍の若手ジョージ・ラッセル(来年2月で21歳、今季FIA-F2で最終大会を前にシリーズ1位)の起用が既決で、発表済み。今季は最終戦を前にコンストラクターズランキング実質最下位が決定的な名門は、ラッセルとクビサという新ラインアップで、大不振からの脱却を狙う。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1カー STR14とEQB-1000TR
  • 吉田沙保里
  • トロロッソからレッドブルに“昇格”することになったアルボン。
  • F1ハンガリーGP
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/22/316475.html/article/2018/11/22/316474.html/article/2018/11/22/316476.html