スバル レヴォーグ に特別仕様、スポーティな足回りと内外装 307万8000円

スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight V-SPORT
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight V-SPORT全 4 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』に特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」を設定し、11月27日に発表、2019年1月15日に発売する。「1.6GT EyeSight」に上級仕様のアイテムを採用し、先進安全機能を標準装備した。

スポーティな足回りと内外装で走りの愉しさを高めた、SUBARU60周年記念特別仕様車だ。アイサイトセイフティプラスを標準装備(スマートリヤビューミラーを除く)としながら、低価格を実現した。

足回りには、ビルシュタイン製ダンパーと18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)を装備し、運動性能を向上。エクステリアにはLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)やダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリル、インテリアには運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付スポーツペダルを採用し、スポーティな内外装に仕上げた。また、レヴォーグではこれまで最上級グレード「STI Sport」にのみ設定していた外装色、「WRブルー・パール」を採用し、ユーザーのスポーツマインドを高める選択を設定した。

エンジンは1.6リットル水平対向4気筒DOHC直噴ターボ「DIT」、変速機はリニアトロニックで駆動方式はAWD。

価格は消費税込み307万8000円(消費税抜き285万円)となっている。1.6GT EyeSightにプラス21万6000円(消費税抜き20万円)だ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バンパーガード SLB1(ブラック)
  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • スバル レヴォーグ・プロトタイプ STIスポーツ(東京オートサロン2020)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ