ホンダ インサイト 新型、2019グリーンカーオブザイヤー受賞… クラリティ に続いて

新型ホンダ・インサイト 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー2018) (c) Getty Images
新型ホンダ・インサイト 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー2018) (c) Getty Images全 6 枚写真をすべて見る

ホンダの米国部門は11月29日、新型『インサイト』が「2019グリーンカーオブザイヤー」に選出された、と発表した。ロサンゼルスモーターショー2018において、授賞式が行われている。

同賞は、今年が14回目。『グリーンカージャーナル』誌が主催し、米国の中でも最も環境意識が高いとされるカリフォルニア州の、ロサンゼルスモーターショーで、毎年発表されてきた。米国在住のジャーナリストが、2017年秋から2018年秋までの1年間に米国で発表された新型車の中から、最もエコな1台を選出する。

2019グリーンカーオブザイヤーのファイナリスト5車種は、以下の通り。

●ホンダ・インサイト
●レクサスES 300h
●日産アルティマ
●トヨタ・アバロン・ハイブリッド
●フォルクスワーゲン・ジェッタ

5車種のうち、4車種が日本メーカー車で、中でも日本に導入されたばかりの新型『ES』のハイブリッド、「ES300h」と、今冬の日本導入が決まっている新型ホンダ『インサイト』が、ファイナリストに選出されていた。両車はともに、ハイブリッド車となる。

新型ホンダ インサイトは、他の4車種を抑えて、2019グリーンカーオブザイヤーに輝いた。ホンダは前回の『クラリティ』に続いて、2年連続でグリーンカーオブザイヤーを受賞している。

米国ホンダのレイ・ミキチュク副社長は、「今日のドライバーは、ハイブリッドに単なる燃料節約以上のものを求めている。新型インサイトはホンダが電動車両で追求している方向を正確に示しており、優れた燃料節約を伴うスタイルと高度なドライビングダイナミクスを提供する」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタGRスープラ・ヘリテイジ・エディション(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ EQC(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV