ホンダ、スポーツタイプのオフロードバギーを発表…ロサンゼルスモーターショー2018 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、スポーツタイプのオフロードバギーを発表…ロサンゼルスモーターショー2018

新型ホンダ Talon 1000 シリーズ(ロサンゼルスモーターショー2018)
新型ホンダ Talon 1000 シリーズ(ロサンゼルスモーターショー2018)全 10 枚写真をすべて見る

ホンダの米国部門は、ロサンゼルスモーターショー2018において、新型『タロン1000』シリーズを初公開した。

ホンダは米国市場において、オフロード向けの小型四輪車、「サイドバイサイド」をラインナップしている。ロサンゼルスモーターショー2018で初公開された新型タロン1000シリーズは、ホンダがサイドバイサイドのスポーツセグメントに参入するために開発したモデルとなる。

ベーシック仕様の「タロン1000X」には、フロントにダブルウィッシュボーン、リアに3リンクのサスペンションを採用する。排気量999ccの並列2気筒ガソリンエンジンを搭載する。トランスミッションは、2種類の自動モードを備えたデュアルクラッチで、パドルシフトによるマニュアル操作もできる。セグメント初の「i-4WD」システムは、前輪左右間のスリップ量を制御する。ヒルスタートアシストは、坂道で車両を一時的に静止状態に保持してくれる。

上級仕様の「タロン1000R」は、全幅を110mmワイド化し、ホイールベースも127mm延長した本格オフロードバージョンだ。サスペンションのストローク量も増やしており、オフロードでの走破性を高めている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ