カーナビのコネクテッド機能、認知度が過半数超え イード調べ

クラリオンNXV987D(参考画像)
クラリオンNXV987D(参考画像)全 5 枚写真をすべて見る

イードが運営する日本自動車ユーザー研究所(JACRI)は12月5日、一般消費者を対象とした「カーナビユーザー調査 2018」を発表した。

今回の調査では、購買行動やナビアプリ利用状況など既存の調査項目に加え、「コネクテッド機能」、「地図更新」、「目的地設定方法」「ナビアプリケーションのメリット」を新たな項目として追加。直近1年以内の新車購入者を対象に、10月4日から12日までの9日間、インターネットアンケートを実施し、集まった有効回答数1665サンプルを集計・分析した。

調査結果によると、コネクテッド機能付ナビの認知状況については、全体の21.2%が「知っている」と回答。「聞いたことはあるが、内容までは知らない」まで入れると、その認知度は50.5%と、過半数を超える結果となった。

また、カーナビ(前機種)の地図更新を無料期間中に更新したかという質問に対しては、40.3%が「更新したことがある」と回答。タイプ別では純正が39.7%、市販が44.3%と高い割合を示したのに対し、「ゴリラ」などPNDは33.3%と低めの結果となった。

そのほか、目的地設定方法については、全体の48.8%が「目的地名」と回答。以下、「電話番号」(24.8%)、「住所」(19.9%)の順となった。また近年ユーザー数を伸ばしているナビゲーションアプリのメリットについては、「スマートフォンの操作に慣れているから」(42.5%)と「常に最新の情報に更新されている」(42.4%)などの声が多く寄せられている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CARTUNE(アプリ)
  • バーチャルキー
  • Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020
  • MotorTrend
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ