カワサキ Z900RS、ブレーキオイル漏れやABS作動停止のおそれ リコール | レスポンス(Response.jp)

カワサキ Z900RS、ブレーキオイル漏れやABS作動停止のおそれ リコール

カワサキZ900RS(2017年)
カワサキZ900RS(2017年)全 2 枚写真をすべて見る

川崎重工は12月6日、カワサキ『Z900RS』のリヤブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年10月19日~11月9日に製造された395台。

配策作業指示が不適切なため、リヤブレーキホースおよびリヤホイール回転センサリード線がリヤタイヤと接触することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、リヤブレーキホースおよびリヤホイール回転センサリード線が損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れて制動力が低下するおそれがある、または、速度計が正しく表示されず、ABSインジケータライトが点灯するとともに、ABSが作動しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、リヤブレーキホースおよびリヤホイール回転センサリード線の配策を点検し、配策が誤っている場合は、正しく配策する。損傷している場合は、それぞれ新品に交換する。

不具合および事故は起きていない。海外販売会社からの情報により発覚した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ