日産 GT-R50 by イタルデザイン、市販モデルのデザイン発表…世界50台限定

日産 GT-R50 by イタルデザインの市販モデル
日産 GT-R50 by イタルデザインの市販モデル全 6 枚写真をすべて見る

日産自動車の米国部門は12月7日、『GT-R50 by イタルデザイン』(Nissan GT-R50 by Italdesign)の市販モデルのデザインを発表した。

GT-R50 by イタルデザインは2018年7月、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、プロトタイプモデルが初公開された。その後、市販に向けて、世界各地で披露されてきた。

GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に生誕50周年を迎えることを記念し、最新の『GT-R NISMO』をベースに共同開発された。プロトタイプモデルのボディカラーは、特別なグレイ塗装仕上げにゴールドがアクセント。一方、市販モデルでは顧客が好きなボディカラーの組み合わせを指定し、インテリアカラーも選択できる。

なお、GT-R50 by イタルデザインは、50台が限定生産される。価格は 99万ユーロからで、正式受注を開始した。2019年から2020年にかけて、顧客に納車される、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 純金GT-Rプレート(イメージ)
  • GT-R 手ぬぐい
  • 2000GT-RとR380-III(1969年)
  • 日産ブース(SUPER GT 第2戦)
  • BMW 8シリーズグランクーペ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 新型 開発車両(スクープ写真)
  • ヒュンダイ i20N スクープ写真
  • メルセデスベンツ Xクラス Edition1 X350d 4Matic

ピックアップ