BRT バス高速輸送システムにおける自動運転技術実証を実施へ JR東日本など7社

自動運転実験用バス
自動運転実験用バス全 4 枚写真をすべて見る

JR東日本、先進モビリティ、愛知製鋼、京セラ、ソフトバンク、日本信号およびNECの7社は、「JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)におけるバス自動運転の技術実証」を12月12日より大船渡線BRT竹駒駅周辺(岩手県陸前高田市)で実施する。

実証実験では、自動運転を行う上での課題解決に向け、JR東日本管内のBRT専用道で自動運転実験用バス(日野『リエッセ』)を使用し、バスの自動運転の技術実証を行う。

今回の実証実験では、BRT専用道上に設置した磁気マーカの情報を高感度磁気センサ(MIセンサ)で読み取り、自車位置を正確に特定。専用道上を円滑に走行する「車線維持制御実験」や、最高40km/hから決められた位置でスムーズに停止する「速度制御実験」を実施する。また、磁気マーカの情報を読み取り、自動でBRT駅のホームに寄せて停止する「正着制御実験」、位置情報を無線でやりとりして自動運転バスと対向車両が車両1台分幅のBRT専用道を交互に通行する「交互通行実験」なども実施。このほか、QZSS(みちびき)などによる自動運転バス位置情報の測定実験や、無線機の電波到達距離の検証実験なども行う。

実証実験期間は2018年12月12日から2019年3月8日まで。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • E7系やW7系などが浸水した長野新幹線車両センター。この影響で、北陸新幹線が全線復旧しても、運行本数は従来の5~6割程度になる見込み。
  • 長岡~直江津間の臨時快速に接続するえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの列車。同線は10月15日に全線が復旧した。
  • E7系やW7系などが浸水した長野新幹線車両センター。
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/07/316962.html/article/2018/12/07/316961.html/article/2018/12/07/316963.html