Osaka Metro今里筋線延伸部のBRT社会実験は2019年4月1日から…地下鉄並の停留所間隔で運行

『いまざとライナー』用バスのデザイン。
『いまざとライナー』用バスのデザイン。全 4 枚写真をすべて見る

大阪市都市交通局と大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は12月7日、『いまざとライナー』と命名された今里筋線延伸部バス高速輸送システム(BRT)の社会実験を2019年4月1日から開始することを明らかにした。

今里筋線は、井高野(いたかの)駅(大阪市東淀川区)と今里駅(大阪市東成区)の間11.9kmを結ぶOsaka Metroの路線。2006年12月に開業した旧大阪市営地下鉄では最も新しい路線で、今里~湯里六丁目間の延伸が計画されていたが、同線は唯一、大阪市中心部を通らない地下鉄路線で採算性が低いことに加えて、延伸区間の建設費が1300億円程度と莫大になることから、BRTによる延伸方針が示されていた。

BRTは、地下鉄今里~杭全(くまた)~湯里六丁目~地下鉄長居間の「長居ルート」と、地下鉄今里~杭全~あべの橋間の「あべの橋ルート」の2ルートで運行され、延伸区間の途中停留所は地下鉄並のおよそ1km間隔で設置される。

運行時間は6~23時台で、全線の所要時間は長居ルートが37分程度、あべの橋ルートが25分程度。運行間隔は平日7~18時台が今里筋線の地下鉄区間を考慮して、各ルート約20分間隔となるが、両ルートが並行する地下鉄今里~杭全間は約10分間隔となる。

平日のその他の時間帯や土休日は各ルート約30分間隔となり、地下鉄今里~杭全間は約15分間隔となる。始終発時刻については「相応の利用者が見込まれる時刻設定とします」としている。

詳細なダイヤは2019年2月頃に発表される予定だが、地下鉄との接続駅については等間隔のパターンダイヤを重視しつつ、時間帯によっては停留場間の所要時間を短縮するなど、利便性を考慮したダイヤになるよう検討や調整が進められるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃

ピックアップ

Response.TV