XC40 に感服させられた…藤島知子【日本カーオブザイヤー2018-19】

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40
日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40全 5 枚写真をすべて見る

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の藤島知子氏はXC40に10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された藤島氏のコメント。

☆☆☆

ボルボ最小のSUVとして登場したXC40は、現代のボルボ・デザインをカジュアルなスタイルで表現した一台。

日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40

インテリアは大型ディスプレイを中心に北欧家具的な温かみのあるデザインを施し、居心地の良さを与えてくれる。収納装備も充実しており、センターコンソールにはティッシュボックスやゴミ箱を備えていたりと、人を中心にした使い易さが考え抜かれた設計になっている。

意のままの走行ラインを辿れる走りは楽しく、安心ドライブをフォローする数々の運転支援システムを標準装備。心をときめかすデザインと走り、安心装備の充実など、それら全てを高い次元で叶えてみせた点に感服させられた。

ボルボXC40ボルボXC40

☆☆☆

藤島氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・カローラスポーツ:7点
トヨタ・クラウン:2点
マツダCX-8:5点
三菱エクリプスクロス:1点
ボルボXC40:10点

ボルボXC40ボルボXC40

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、ボルボXC40が363点でイヤーカーに選ばれた。次点はトヨタ『カローラスポーツ』の314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  2. 岐阜県の貨物鉄道・西濃鉄道に改善指示…杜撰な保安取扱いや検査などが判明
  3. 宮崎県の日南線、9月27日から青島折返しに…9月21日には59分早発するミスも
  4. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  5. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表
  6. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  7. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  8. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  9. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
  10. 【日産 キャラバン 新型試乗】ガソリン車が変わった!商用バンと思えぬ静粛性に驚く…諸星陽一
ランキングをもっと見る