【ホンダ インサイト 新型】燃費はWLTCモードで28.4km/リットル…2モーターHVは第3世代に

ホンダ・インサイト新型と開発責任者の堀川克己主任研究員
ホンダ・インサイト新型と開発責任者の堀川克己主任研究員全 7 枚写真をすべて見る

ホンダは12月13日、ハイブリッド(HV)専用車『インサイト』の3代目モデルを14日に発売すると発表した。前2代は、いずれも小型ハッチバックだったが、3ナンバーのミドルサイズセダンへと変身して登場する。

日本市場にインサイトが復活するのは4年半ぶり。ホンダは『シビック』と『アコード』の中間に位置するモデルとしており、車体サイズは全長4675mm、全幅1820mm、全高1410mmと大ぶりになった。価格(消費税込み)も326万円台から362万円台と、上級車のゾーンに入っている。

採用したHVシステムは、ホンダが今後の主流と位置付けている2モーター方式の「i-MMD」タイプ。ガソリンエンジンは1.5リットルのアトキンソンサイクルとし、i-MMDでは従来の2.0リットルからダウンサイジングした。また、出力用モーターには同社の独自技術である「重希土類フリー磁石」を採用、走行性能を左右する最大トルクは267Nmと「同一セグメントではトップクラスの性能」(開発責任者の堀川克己・本田技術研究所主任研究員)を確保した。

最も良いグレードの燃費性能は、WLTCモードで28.4km/リットル、JC08モードで34.2km/リットル。排気量や車体サイズの違いはあるものの、アコードセダンHVのJC08モード(31.6km/リットル)と比較すると8%余り、性能を高めている。

i-MMDタイプは2013年にアコードに搭載して市場投入し、その後、改良を加えながら16年から搭載モデルを増やしてきた。インサイトに搭載した今回のシステムは「第3世代であり、システム性能を維持しながらパッケージの完成度を高めた」(広報部)という。

開発責任者の堀川氏も「ホンダの次世代HVに向けたメルクマール(指標)となるシステムになった」と強調している。今後、多くのモデルに展開される見通しだ。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ e
  • ホンダ CBR600RR
  • ホンダ インサイト(上)とアコード(下)のフロントマスク
  • インドで人気のアクティバ125
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ