スープラ も展示、グッドイヤーはNASCARの世界観を再現へ…東京オートサロン2019

トヨタ・スープラNASCAR仕様
トヨタ・スープラNASCAR仕様全 6 枚写真をすべて見る

日本グッドイヤーは2019年1月の「東京オートサロン2019」に出展する。グッドイヤーがタイヤを供給している、全米No.1のモータースポーツ「NASCAR」の世界観をグッドイヤーブースで再現、トヨタ『スープラ』2019年型NASCAR仕様も展示される。

2019年のグッドイヤーは「GOODYEAR'S DNA」をテーマに、グッドイヤーのDNAを表現していく。グッドイヤーに宿るDNAは技術力だという。

東京オートサロンでは、グッドイヤーが65年間オフィシャルサプライヤーとしてタイヤを供給し続けている、全米No.1のモータースポーツ「NASCAR(ナスカー、National Association for Stock Car Auto Racing、全米自動車競争協会)」の世界観をブースで再現する。今回は、2019シーズンよりNASCARに参戦するスープラと、現在参戦中のトヨタ 『タンドラ』を展示する。

また、日本人オーナーとしてNASCAR史上初のシリーズチャンピオンを獲得した服部レーシングの協力で、プロのピットクルーがタイヤ交換のデモンストレーションを行なう。さらに、一般の方でも参加可能なタイヤ交換タイムトライアルを開催し、タイムを競う。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 記者会見でグッドイヤー製品ぼいこっとについて語るトランプ大統領。
  • グッドイヤー・アシュアランス・ウェザーレディ
  • エフィシェントグリップ エコ EG02
  • グッドイヤー イーグルRSスポーツV4
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
Response.TV