日産 ジューク はどう変わる!? 共用モデル、ルノー キャプチャー 次期型をスクープ

ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真
ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真全 15 枚写真をすべて見る

ルノーのコンパクト・クロスオーバーSUV『キャプチャー』次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

2011年ジュネーブモータショーに、2ドアSUVとしてコンセプトモデルが初公開されたキャプチャーは、2013年に5ドアSUVとして初代が発売。プラットフォームには、日産『ジューク』と共有するFF専用「Bプラットフォーム」を採用した。

捉えたプロトタイプは、かなり厳重なカモフラージュが施されている。しかし、よりシャープになったヘッドライトや、フィンを持つ立体感のあるコーナーエアインテーク、薄型のテールライトの一部が見てとれる。またCピラーの偽装が分厚く、大きなデザイン変更が予想される。

アーキテクチャには、ジューク次期型と共有する最新世代の「CFM-B」プラットフォームを採用し、軽量化が図られるとともにホイールベースが延長される。また現行モデルより、リアウィンドウが寝かされ、ラウンドしたルーフラインも特長となる。キャビン内では、ダッシュボード中央にタッチスクリーンを配置。オプションではデジタルクラスタをセレクトできる可能性が高い。

ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真

パワートレインは、ルノー・日産・ダイムラーの共同開発による1.0リットル、及び1.3リットルのターボチャージャーガソリン/ディーゼルエンジンをラインアップするほか、遅れてプラグインハイブリッドも設定されるだろう。

ワールドプレミアは、日産ジューク次期型と同時期にあたる、2019年夏ごろが予想される。

ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真ルノー キャプチャー 次期型スクープ写真

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ