WRCを席巻した日本車を特別展示…240Z、インプ555、ランエボ6など 1月16日から

日産フェアレディ240Z(1971年)
日産フェアレディ240Z(1971年)全 3 枚写真をすべて見る

MEGA WEBは、ヒストリーガレージ モータースポーツヘリテージにて、2019年1月16日から4月14日まで、「WRC Rally Car 特別展示 ~WRCを席巻した日本車~」を開催する。

今回の企画では、ラリー参戦車両を展示しているモータースポーツヘリテージにて、トヨタ自動車だけでなく広く日本の自動車メーカーの車両も展示することにより、その取り組みや歴史を紹介する。

MEGA WEBでは2017年3月24日から第1弾の「日産ラリー車 特別展示」を、同年8月8日より第2弾「スバル ラリー車 特別展示」を、2018年3月13日より第3弾「三菱ラリー車 特別展示」を開催してきた。

今回、第4弾として各社のラリー参戦を代表する、日産『フェアレディ240Z』(1971年) 、スバル『インプレッサ555 WRC98』(1998年)、三菱 『ランサーエボリューション6』(2001年)の3台を展示。トヨタ自動車のトヨタ『カローラWRC』(1997年)、トヨタ 『セリカ GT-Four』(1995年)などとともに、日本車のラリー参戦の歴史を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 今季6勝目を達成したオット・タナク(トヨタ)。
  • 左からJAFモータースポーツ部長の村田浩一氏、FIAのジャン・トッド会長、招致準備委員会の坂井正治氏、WRCプロモーター代表のオリバー・シースラ氏。
  • WRC第11戦トルコの表彰台、中央でジャンプしているのがウイニングドライバーの#1 オジェ。
  • トヨタがWRCドイツ戦で表彰台を独占。ジャンプしているのが優勝のタナク。
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/19/317323.html/article/2018/12/19/317322.html/article/2018/12/19/317324.html