日産、新開発のコネクテッドドライビング技術を発表へ…CES 2019

日産のCES 2019のティザーイメージ
日産のCES 2019のティザーイメージ全 1 枚写真をすべて見る

日産自動車(Nissan)の米国部門は12月19日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、新開発のコネクテッドドライビング技術を初公開すると発表した。

このコネクテッドドライビング技術は、最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術のひとつになる。日産によると、見えないものを可視化するテクノロジーになるという。

また、新型『リーフ』のレーシングカー、『リーフ NISMO RC』を米国初公開する予定だ。EV のクロスオーバーコンセプトカー、『IMx KURO』も出展する。

さらに、EVを中心としたエコシステムを構築し、EVの持つ魅力をさらに向上させるソリューション、「ニッサン エナジー」のデモンストレーションを行う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産自動車、石川県かほく市、米沢電気工事、石川日産自動車販売、電気自動車を活用した「災害対応力の強化と低炭素社会の実現に向けた連携協定」を締結
  • オンライン ナイト サファリ presented by NISSAN SERENA e-POWER
  • 東武バス
  • マーチニスモS(ニスモパーツ装着車)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV