マスクのトンネル企業、次世代EV走行システムをテスト…地底で250km/hが目標[動画]

ボーリング・カンパニーの走行テスト (c) Getty Images
ボーリング・カンパニーの走行テスト (c) Getty Images全 6 枚写真をすべて見る

テスラ(Tesla)のイーロン・マスクCEOが代表を務めるトンネル掘削企業、ボーリング・カンパニー(Boring Company)は12月19日、地下のトンネルをEVが高速走行する次世代移動システムのテストを行った。

「ループ」と命名されたシステムは、地下にEVが1台走行可能なトンネルを掘り、補助車輪を使ってEVを軌道に乗せ、高速で移動する。トンネルの大きさをEVが1台通れる空間とすることで、掘削コストを削減する。

EVは専用のリフトを使用して、地下に下ろされる。この地下トンネルのネットワークを構築することにより、渋滞のない交通手段を目指しており、マスクCEOによると、ループの目標は1時間あたり4000台を、250km/hの高速で移動させることだという。

また、地下トンネルでの排ガスの問題から、車両はEVに限定される予定だ。今回の試験は米国ロサンゼルスの地下に掘られた全長1.8kmのトンネルで行い、テスラのEV、『モデルX』が使用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラの車載ディスプレイでプレイできるゲームの最新作「ビーチバギーレーシング2」
  • テスラの電動ピックアップトラックのティザーイメージ
  • テスラ・モデル3
  • テスラの整備センター開設…新たな客層が集まり出したオートバックス旗艦店
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真
  • BMW M3 ツーリング 予想CG スクープ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/21/317409.html/article/2018/12/21/317408.html/article/2018/12/21/317410.html