都営バス、フルフラットバスを導入…後方にある段差を解消

フルフラットバスを都バスで運行(イメージ)
フルフラットバスを都バスで運行(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

東京都交通局は、バリアフリーを追求するため、12月25日から、車内の通路後方にある段差を解消した「フルフラットバス」を日本で初めて営業運行する。

フルフラットバスは、高齢者をはじめ、誰もが車内後方まで移動しやすくなるとともに、前方での混雑が緩和され、快適通勤にも寄与することが見込まれる。従来のノンステップパスは、機器を床下に搭載するため、車体後方の床面に段差ができていた。新型は機器のレイアウトを工夫することにより、車内のほぼ全長にわたってフラットとなる。

導入する路線は都02系統・大塚駅~春日駅~御徒町駅~錦糸町駅。バスはスカニア製で定員74人。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「公共交通オープデータセンター」が5月31日の運用開始時点で公開している鉄道関係のデータは東京都交通局のみで、列車や駅時刻といった静的データのほか、運行情報や在線位置情報といった動的データも提供されている。写真は都電荒川線を走る8800形。
  • QRコードを用いたホームドア開閉システムの概要。QRコードにはドア数や編成両数といった情報が収められている。
  • 都営浅草線泉岳寺駅。
  • およそ2ヶ月ぶりに復帰する上野動物園モノレールの40形。
  • BMW M2 CS スクープ写真 
  • メルセデスベンツ GLA 次期型スクープ写真
  • ルノー メガーヌ PHEV スクープ写真
  • BMW M3 ツーリング 予想CG スクープ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/24/317456.html/article/2018/12/23/317455.html/article/2018/12/24/317457.html