都営バス、フルフラットバスを導入…後方にある段差を解消

フルフラットバスを都バスで運行(イメージ)
フルフラットバスを都バスで運行(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

東京都交通局は、バリアフリーを追求するため、12月25日から、車内の通路後方にある段差を解消した「フルフラットバス」を日本で初めて営業運行する。

フルフラットバスは、高齢者をはじめ、誰もが車内後方まで移動しやすくなるとともに、前方での混雑が緩和され、快適通勤にも寄与することが見込まれる。従来のノンステップパスは、機器を床下に搭載するため、車体後方の床面に段差ができていた。新型は機器のレイアウトを工夫することにより、車内のほぼ全長にわたってフラットとなる。

導入する路線は都02系統・大塚駅~春日駅~御徒町駅~錦糸町駅。バスはスカニア製で定員74人。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • およそ2ヶ月ぶりに復帰する上野動物園モノレールの40形。
  • 恩賜上野動物園モノレール4代目の車両となる40形。
  • 講談社「永久保存版 都営バス 全形式アルバム」(カバー)
  • バスまつり in 晴海(2017年)
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ