都営バス、フルフラットバスを導入…後方にある段差を解消

フルフラットバスを都バスで運行(イメージ)
フルフラットバスを都バスで運行(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

東京都交通局は、バリアフリーを追求するため、12月25日から、車内の通路後方にある段差を解消した「フルフラットバス」を日本で初めて営業運行する。

フルフラットバスは、高齢者をはじめ、誰もが車内後方まで移動しやすくなるとともに、前方での混雑が緩和され、快適通勤にも寄与することが見込まれる。従来のノンステップパスは、機器を床下に搭載するため、車体後方の床面に段差ができていた。新型は機器のレイアウトを工夫することにより、車内のほぼ全長にわたってフラットとなる。

導入する路線は都02系統・大塚駅~春日駅~御徒町駅~錦糸町駅。バスはスカニア製で定員74人。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2015年10月から運行されている日暮里・舎人ライナーの330形。混雑緩和を図るためオールロングシート仕様で登場した。
  • 3線共通改札口(靖国神社・武道館方面)のイメージ。
  • 都電運行情報サービス
  • 首都圏の公共機関(鉄道・バス・タクシー)でポイントが貯まる 鉄道7社の条件と注意点
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ