インディアンの新プラットフォーム FTRシリーズ、予約受付中…189万9000円から

FTR1200Sレースレプリカ
FTR1200Sレースレプリカ全 1 枚写真をすべて見る

インディアンモーターサイクルの日本輸入総代理店であるホワイトハウスオートモービルが、インディアン『FTR』シリーズの予約を受け付けている。ラインナップは「FTR1200」と「FTR1200S」の2車種で、デリバリーは春からを予定している。

10月のINTERMOT(ケルンモーターサイクルショー)で発表された、インディアンの新たなプラットフォームがFTR シリーズだ。

アメリカ最高峰のフラットトラックレース「AMERICAN FLAT TRACK」シリーズでチャンピオンシップを獲得した、「FTR750」のスタイリングを踏襲したプラットフォームは、「アメリカンモーターサイクルの新たな地平を切り開く」とメーカーでは期待している。

新たなプラットフォームは、開発段階で広範囲なテストを繰り返した。GPライダーや、インディアンのワークスチームであるレッキングクルーの協力を得て、100万マイル=160万km以上のシミュレーションライドと、数万マイルの公道テストを繰り返したという。

FTRのラインナップはFTR1200とFTR1200Sの2車種で、エンジンや車体構成の基本仕様は同じで、Sはグレードの高いサスペンションと電子制御機能を搭載し、スポーツ志向に応える。

税込メーカー希望小売価格はFTR1200サンダーブラックが189万9000円、FTR1200Sレースレプリカが224万9000円、FTR1200Sチタニウムメタリック/サンダーブラックパールが209万9000円、FTR1200Sインディアンレッド/スチールグレイが209万9000円となっている。

4車種 のいずれかを正規販売店で予約するとFTRキャップとアクセサリーカタログがもらえるキャンペーンを実施中だ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
Swipe

Next
/article/2018/12/24/317457.html/article/2018/12/24/317456.html/article/2018/12/24/317458.html