スズキ ジムニー をヴァルドが過激にカスタム…その名は「ブラックバイソン」

自動車 ニューモデル 新型車
ヴァルドによるスズキ ジムニー カスタム(スポーツライン バイソンエディション)
ヴァルドによるスズキ ジムニー カスタム(スポーツライン バイソンエディション) 全 2 枚 拡大写真
日本のカスタムメーカー「ヴァルド」が、スズキのクロスオーバー『ジムニー/ジムニー・シエラ』新型の過激ボディキットを初公開した。

「WALD International」(ヴァルド インターナショナル)は、レクサス、メルセデスベンツ、BMWのセダンからSUVまで幅広いカスタマイズを得意とし、今や日本が誇る、世界的カスタムメーカーとなっている。

「ヴァルド スポーツライン ブラックバイソンエディション」と名付けられたそのボディは、ベースモデルのデザインを消すほどのインパクトを放っている。パワフルなエアロボンネット、専用グリル&バンパー、LEDルーフライトバー、ワイドフェンダー、専用オフロードタイヤ、リアウィングを装備。その過激さは、メルセデスベンツ『Gクラス』以上とも言える。

ワールドプレミアは、2019年1月11日から開催される東京オートサロンが予定されており、各種カスタムパーツの価格も近日中に発表される。

スズキ ジムニー、最強のボディキットを手に入れた...ヴァルドが過激にカスタム!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ ライオン(仮)スクープ写真
  • ボルボ P1800 EV(仮)開発車両のスクープ写真

ピックアップ