アルピーヌ A110 新型の三角窓が…気づきました?

アルピーヌA110新型
アルピーヌA110新型全 3 枚写真をすべて見る

6月がら日本市場に導入された、アルピーヌの新型ミッドシップスポーツカー『A110』。この車の、サイドウインドウ前端、ドアの三角窓に注目。アルピーヌのマークと三角形が相似なのだ。

Aピラーの傾きとウエストラインの傾きを合わせる必要があるから、意図してやったとしたら、ボディ骨格からその気で設計しないとこうはならないはず。外板のデザイン代(しろ)で遊んだのではない。

9月の発表会でアルピーヌ・ジャポンのスタッフは、この類似について「意図したこと」と即答。担当デザイナーのコメントも欲しいところだが、たぶん本当だろう。「ブランドイメージはいつもコントロールしています」ということだから。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルピーヌA110カラーエディション2020
  • アルピーヌ A110 リネージ GT アルジャン メルキュールM
  • アルピーヌ A110 カラーエディション
  • アルピーヌA110新型
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ