ZFが自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、1秒間に最大600兆回の演算処理…CES 2019

ZFの自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、「ZF ProAI RoboThink」
ZFの自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、「ZF ProAI RoboThink」全 1 枚写真をすべて見る

ZFは1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、自動運転向けのAI(人工知能)対応スーパーコンピューター、「ZF ProAI RoboThink」を発表した。

ZF ProAI RoboThinkは、ZFのセンサーセットと組み合わせることで、安全なレベル4+の自動運転を可能にする。ZFによると、モビリティ業界で最も強力なAI対応スーパーコンピューターになるという。

ZF ProAI RoboThinkは、1秒間に最大600兆回の演算処理を実行する。この高いレベルの計算能力は、リアルタイムの「car-to-X」通信とクラウドベースのデータ入力によって、車内と車外のセンサーデータを処理できるように設計されている。キャンパスや会社の敷地などの限定されたエリアから、より複雑な交通環境まで、あらゆる種類の公共交通に将来、自動運転サービスを提供する能力を備える。

また、ZFクラウドをベースとしながら、完全にネットワーク化されたシステムソリューションは、車両をモノのインターネット(IoT)、支払いシステム、乗車サービスなどの顧客アプリケーションに連携させることが可能という。

ZFはこのスーパーコンピューターは、柔軟性、モジュール性、スケーラビリティの点で独自のコンセプトを持っているため、無人の自動運転車の開発や、人やモノを自律的に動かすことができる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ