パイオニアが後付けコネクト、車内Wi-Fiや盗難車追跡が可能…CES 2019

パイオニアの米国公式サイト
パイオニアの米国公式サイト全 2 枚写真をすべて見る

パイオニア(Pioneer)の米国部門は1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、新開発のコネクテッドサービスソリューション、「rDrive」を発表した。

rDriveは、パイオニアがCalAmp社と提携して開発された。最新のコネクティビティを後付けで提供することで、自動車の運転体験を豊かにすることを目指す。

rDriveのシステムは、スマートフォンにダウンロードするrDriveアプリと、車両のオンボード診断(OBD-II)ポートに接続する小型ネットワーク接続デバイスで構成される。ほとんどの自動車メーカーの車両で使用できるという。

車内のWi-Fiホットスポット化により、2台のrDrive対応デバイスが利用できる。例えば、タブレットやゲームシステムなどのエンターテインメントデバイスのインターネット接続を可能にする。

またrDriveは、位置情報サービスも提供する。これにより、盗難車の追跡、緊急時の自動通報などのサービスが利用可能になる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CESアジア(イメージ)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ