トライアンフ、7-12月期上期の販売が過去最高

国内販売が好調なトライアンフ(参考画像)
国内販売が好調なトライアンフ(参考画像)全 3 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、オートバイ登録実績が2018年11月に133台、12月が229台となり、2カ月連続で月間記録として過去最高となったと発表した。

トライアンフは会計年度が6月期で、上半期である2018年7月から12月までのオートバイ小売り台数(新車と一部試乗車、社有使用車の中古車を含む顧客販売)も過去最高の台数となった。

夏期に豪雨・台風・地震などの自然災害が発生し、正規販売店の一部で臨時休業など販売に影響があったものの、上半期として販売台数が過去最高となった。新型車効果に加え、販売網の刷新によるブランド力・販売力の向上などが奏功した。

特に12月に導入した2台の新型車「ストリートツイン」と「ストリートスクランブラー」は好評で、デビューフェア以降、正規販売店への新規顧客の来場が約1.5倍となっている。中古車販売も認定中古車の導入の効果もあって年々販売が拡大している。

2019年は新型車攻勢を本格化し、特に上半期には月に1台のペースで新型車・限定車を導入する予定で、国内での大幅な販売規模の拡大を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トライアンフの『ボンネビルT120エース』(左)と『ボンネビルT120ダイヤモンドエディション』
  • 日本での発売が始まったスクランブラー1200 XC(右)と、オフロードでの走破性を高めたスクランブラー1200 XE(左)
  • トライアンフ ブースイメージ
  • 紙の「トライアンフ TR6」
  • ポルシェ 918スパイダー 後継モデル(予想イラスト)
  • メルセデスベンツ キャンピングカー 2020 Unity Rear Lounge Connect
  • アルファロメオ ステルヴィオ/クアドリフォリオ 改良新型スクープ写真
  • アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真

ピックアップ