まるでトランスフォーマー? 謎のプロトタイプはあのSUV後継車だった

フォード 新型SUV スクープ写真
フォード 新型SUV スクープ写真全 13 枚写真をすべて見る

ドイツ市街地で謎のコンパクト・クロスオーバーSUVをカメラが捉えた。

ドア、バンパー、Cピラーには、通常のカモフラージュの上にさらに偽装パネルが取り付けられ、ダミーのヘッドライト、テールライトを装着する異様な開発車両は、まるで映画『トランスフォーマー』に出てくるオートボットのようだ。

カメラマンによると、これはフォード『フィエスタ』ベースの新型クロスオーバーSUVだという。現在、フィエスタベースのSUVには、『エコスポーツ』『フィエスタ アクティブ』がある。第3の派生SUVを投入する理由として、フィエスタ アクティブはハッチバックのリフトアップモデルにすぎず、エコスポーツは古すぎることが挙げられる。この新型SUV投入により、エコスポーツは消滅し、実質後継モデルとなる可能性もあるようだ。

ボディサイズは、エコスポーツより大きく、『エスケープ』や『クーガ』より小さい。アーキテクチャには、フィエスタよりひとまわり大きい『フォーカス』の「Cプラットフォーム」を流用すると思われ、車名は『シティSUV』が有力候補の一つだという。

パワートレインは、1リットル直列3気筒エンジンや1.5リットル直列4気筒にマイルドハイブリッド搭載が予想されているが、まだ断定はできない。ワールドプレミアは、2020年。ライバルはセアト『Arona』やVW『T-Cross』となる。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/11/317938.html/article/2019/01/11/317937.html/article/2019/01/11/317939.html