【オートモーティブワールド2019】クルマの最新技術、CASEに注目 1月16-18日

オートモーティブワールド2018(旭化成)
オートモーティブワールド2018(旭化成)全 7 枚写真をすべて見る

クルマの先端技術分野で世界最大クラスの見本市、「オートモーティブワールド」が、1月16~18日の会期で、東京ビッグサイトを会場にして開催される。主催はリードエグジビションジャパン。

オートモーティブワールドは、自動運転(A/CASE)、クルマの電子化・電動化(E/CASE)、コネクティッド・カー(C/CASE)、軽量化など、自動車業界における重要なテーマの最新技術が東京ビッグサイトに並ぶ。オートモーティブワールドは2019で第11回の開催となり、過去最多の1120社が出展する(前回実績1063社)。内外の自動車メーカー、自動車部品メーカーの関係者が、新技術の情報収集・導入・比較検討のために来場する。

併催企画がオートモーティブワールドセミナー。自動運転、電動化、MaaS、コネクティッド・カー、電池革命、軽量化など、業界注目の分野における第一人者が連日講演する予定だ。

オートモーティブワールド2019は複数の展示会で構成され、構成展は第11回[国際]カーエレクトロニクス技術展~カーエレ JAPAN~、第10回EV・HEV 駆動システム技術展 ~EV JAPAN~、第9回クルマの軽量化 技術展、第7回コネクティッド・カーEXPO、第5回自動車部品&加工 EXPO ~カーメカJAPAN~、第2回自動運転EXPOの6展示会と、特設展示ゾーンの設計・開発ソリューションゾーンだ。

オートモーティブワールド2018(クアルコム)オートモーティブワールド2018(クアルコム)

オートモーティブワールド2019の日程は1月16日(水)~18日(金)、時間は10時00分~18時00分、最終日は17時00分までの開会となっている。

オートモーティブワールド2019と同時期に、リードエグジビション主催で東京ビッグサイトにおいて、第3回スマート工場 EXPO、第3回ロボデックス、第48回ネプコンジャパン、第5回ウェアラブルEXPOも開催される。

オートモーティブワールド2018(ネクスティエレクトロニクス)オートモーティブワールド2018(ネクスティエレクトロニクス)

■第11回オートモーティブワールド
会期:2019年1月16日(水)~18日(金)10:00~18:00 (最終日のみ17:00まで)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
■第11回オートモーティブワールド 詳細はコチラ!

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強版は405馬力に
  4. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  5. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  6. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本独自の限定モデル
  7. ロータス、新開発の軽量シャシー発表…次世代EVスポーツカーに採用へ
  8. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  9. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  10. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
ランキングをもっと見る