コンチネンタルの48Vシステム、ジープ ラングラー 新型のマイルドハイブリッドに供給

コンチネンタルの48Vスタータージェネレーターをジープ・ラングラー新型のマイルドハイブリッドに供給
コンチネンタルの48Vスタータージェネレーターをジープ・ラングラー新型のマイルドハイブリッドに供給全 1 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は1月16日、新型ジープ『ラングラー』のマイルドハイブリッド向けに、48Vシステムを供給すると発表した。

新型ラングラーのパワートレインには、ダウンサイズの2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを設定する。最大出力はクラス最高の270hp、最大トルクは40.8kgmを引き出す。トランスミッションは、新開発の8速ATを組み合わせる。

このエンジンには、マイルドハイブリッドの「eTorque」システムを搭載する。アイドリングストップ、電動アシスト、バッテリー充電および回生ブレーキなどの機能を備えている。

コンチネンタルは、この新型ジープラングラーのマイルドハイブリッド向けに、48Vシステムの「エコドライブ」を供給する。このシステムは、自動車向けとしては初の水冷式の48Vのスタータージェネレーターだ。最大12.2kgmのトルクをエンジンに送ることにより、0.5秒以内にエンジンの再始動を可能にする、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルの通信するタイヤ「コンチ・ケア」
  • コンチネンタルの高性能コンピュータのイメージ
  • コンチネンタル VikingContact 7
  • コンチネンタルのドライブコントロールユニットのイメージ
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV