トラックの巻き込み事故防止システム、高松の中小企業と東京トラック協会が共同開発…オートモーティブワールド2019

パル技研の大型トラック専用巻き込み事故防止システム「SEES-1000」
パル技研の大型トラック専用巻き込み事故防止システム「SEES-1000」全 2 枚写真をすべて見る

なかなか減らない大型トラックによる巻き込み事故。それを防止するシステムを開発したのがパル技研(本社・香川県高松市)だ。オートモーティブワールド2019で展示した後、4月からアフターマーケット市場で販売するという。価格は25万円だ。

「SEES-1000」と名づけられた、その大型トラック専用の巻き込み事故防止システムはカメラと画像識別ユニット、モニター(別売)がセットになったもので、人、自転車、バイクだけを検出する。その検知率はなんと99%以上だという。

カメラをサイドミラーを支えている支柱に取り付け、そのコードを車内にある画像識別ユニットにつなげ、モニターとも連動させる。すると、トラックの横に人がいたり、バイクや自転車が走っていると、その映像が映し出され、赤く囲って警告音を発するというものだ。

「当社は社員40人ほどの小さなエンジニアの会社で、主に画像処理装置をつくっています。その技術を使って何か世の中の役に立つものをつくれないかということで、5年前にこのシステムの開発を始めました。そのうち、あとの3年間は東京トラック協会と一緒になって開発しました」と同社関係者は説明する。

しかし、人、自転車、バイクだけを検出する技術を確立のに苦労したそうだ。AI技術を使って開発を進めたが、画像識別ユニットにその3者を覚えさせるのが大変だったという。そのため、5年間も要してしまったわけだ。

「現在、早くサンプルが欲しいというお客が続出している状況です」と同社関係者は話し、4月の発売を楽しみにしている様子だった。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナー 副社長兼エミッションズ&サーマルシステムズ・アジア事業本部長のクリストファー・J・ランカー氏、副社長兼マーケティング・広報・政府渉外担当のスコット・D・ジレット氏、ボルグワーナー・モールスシステムズ・ジャパン代表取締役社長の三島邦彦氏(右から)
  • キャストが製造・販売する「パワーブレード」
  • UL Japan(オートモーティブワールド2019)
  • ロームの半導体ソリューションを搭載したインパネ
  • VW ティグアンR スクープ写真
  • アウディ S4 改良新型 スクープ写真
  • マツダ アテンザ改め「マツダ6」次期型の予想デザイン。FR化&直6搭載の噂も?
  • MINI JCW GP 市販型 スクープ写真

ピックアップ