バスの位置情報など有効活用、データを標準化へ 国交省

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、バスの位置情報など、動的情報を有効活用するための検討を開始すると発表した。

バス交通の遅延情報や運行情報など、動的情報については、バス事業者のホームページで入手できる環境が整いつつあるが、効果的にデータは活用されておらず、未導入の事業者も多いのが実状。

時刻表や運行経路などに関してバス事業者と経路検索事業者との間で簡単に情報の受渡するための「標準的なバス情報フォーマット」のような標準的なデータフォーマットが動的情報について整備されていないことが、データの効果的な活用が進まない一因となっている。

このため、「バス情報の静的・動的データ利活用検討会」を新設して、バス事業者が所有する動的データから得られる情報を整理し、データの標準化を目指すとともに、静的データフォーマットを含めて、標準化したフォーマットの継続的な更新のあり方を検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 道路標識設置基準の概要
  • 仙台貨物ターミナル(資料画像)
  • 手ぶら観光カウンターの整備事業の概要
  • 複数のバリアフリー情報収集アプリを利用したイベント形式の実証実験で参加者募集
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/23/318357.html/article/2019/01/23/318356.html/article/2019/01/23/318358.html