スバル群馬製作所が生産・出荷を停止、再開は早くて1月28日

スバル・フォレスター
スバル・フォレスター全 3 枚写真をすべて見る

スバルは1月23日、群馬製作所で生産しているモデルの一部で不具合が見つかり、1月16日から生産を停止していると発表した。生産再開は早くても1月28日となる見通し。

群馬製作所で生産している『フォレスター』『インプレッサ』『XV』の電動パワーステアリング装置に不具合がある可能性が判明し、品質第一を最優先するため、1月16日夜から、生産・出荷を停止、不具合対象モデルの新車登録を一時停止した。

『レガシィ』や『レヴォーグ』など不具合対象外のモデルでも、不具合対象モデルと同じラインで組み立てられているため、群馬製作所全車両の生産・出荷を停止した。

不具合の可能性のあるモデルは2018年12月下旬から2019年1月16日の間に生産した対象モデル。これらはメーターパネル内のステアリング制御警告灯が点灯するとともに、パワーステアリング機能が停止し、ハンドル操作が重くなる恐れがある。

1月23日までに不良が生じる原因について一定の確認が取れ、それに基づいて対策を施した部品を準備できるめどが立ったことから、早ければ1月28日から群馬製作所での車両生産・出荷を再開する方向で準備を進めるという。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • まもなく発売される新型レヴォーグ。写真はプロトタイプ(東京モーターショー2019)
  • スバル・レヴォーグ・プロトタイプSTI Sport(東京オートサロン2020)
  • スバル・レガシィ(米国仕様)
  • スバル、インディアナ工場
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ