軽四輪車中古車販売、1.4%増の311万3916台で2年連続プラス 2018年

参考画像
参考画像全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は1月25日、2018年(1~12月)の軽四輪車中古車販売台数を発表。前年比1.4%増の311万3916台で2年連続のプラスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同3.0%増の99万4162台で2年連続のトップ。新車販売で4年連続で首位の座をキープするダイハツが中古車市場でも強みを見せている。2位スズキは同1.0%増の95万4712台。3位ホンダは同0.3%増の45万9523台だった。

車種別では、乗用車が同1.5%増の244万9940台、貨物車が同1.1%増の66万3976台。貨物車の内訳はバンが同2.9%増の33万8127台、トラックが同0.6%減の32万5894台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラ
  • マツダ3 新型 セダン(SKYACTIV-D 1.8)
  • ホンダCBR250R
  • 中古車販売(イメージ)
  • ボルボ S90 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ カイエンクーペ「GT」プロトタイプ車両(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/25/318437.html/article/2019/01/25/318436.html/article/2019/01/25/318438.html