ドライブレコーダー出荷実績、依然として高水準 2018年10-12月期

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会は1月25日、2018年10~12月期のドライブレコーダー出荷実績を発表した。

業務用とコンシューマ用を合算した10~12月期のドライブレコーダー出荷台数は93万9116台、前年同期比9.5%増と、前年を上回った。ドライブレコーダーはあおり運転による交通事故がクローズアップされた昨年秋から需要が急増したことから、反動で伸び率は1ケタ台となった。

ただ、前期である2018年7~9月期と比べて8.8%増と伸びており、依然として高水準で推移している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ナウトジャパン(名古屋オートモーティブワールド2019)
  • CA-DR03TD(前後2カメラ)
  • JVCケンウッドのブースイメージ
  • PAPAGO!2カメラドライブレコーダー専用オプション「S1車内撮影キット」
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/25/318438.html/article/2019/01/25/318437.html/article/2019/01/25/318439.html