UDトラックス クオン などリコール、積み下ろし時にウイングが下がるおそれ

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

日本トレクスは1月25日、UDトラックス『クオン』などのウイング車荷台に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはUDトラックス『クオン』『コンドル』『ガゼット』、いすゞ『ギガ』『フォワード』『エルフ』、日野『プロフィア』『レンジャー』『デュトロ』、三菱ふそう『スーパーグレート』『ファイター』『キャンター』などで、2014年8月6日~2018年9月15日に製造された3789台。

不具合箇所はウイング車の荷台。油圧シリンダーのピストン部のシール構造が不適切なため、油圧が上げ側から下げ側(=ピストンロッド側)へ抜けることがある。そのため、ウイング開放時にウイングが下がり、最悪の場合、荷物の積み降ろし時に負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、油圧シリンダーを対策品に交換する。

不具合は144件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • UDトラックス クオン ショートキャブ車
  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ