運転行動データに基づくテレマティクスサービス提供 SBI損保など実証実験開始へ

テレマティクスeCall プラグ
テレマティクスeCall プラグ全 1 枚写真をすべて見る

SBI損保とSB C&Sは、自動緊急通報サービス(自動eCall)対応デバイスから収集した運転行動データに基づく各種テレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を、SBIグループ関係者を対象に2019年2月から実施する。

SB C&Sが提供する今回の実験環境では、ボッシュが販売する自動eCall対応デバイス「テレマティクスeCall プラグ」と、ソフトバンク・テクノロジーが提供するIoT活用に必要なサービスをつなげるプラットフォームサービス「IoTコアコネクト」を採用した。ボッシュのテレマティクスeCallプラグは、3軸の加速度センサーにより、ブレーキ、加減速、ハンドル操作といった運転行動データに加え、衝突事故を検知可能。ソフトバンク・テクノロジーのIoTコアコネクトは、デバイスから送られるデータの収集・蓄積から分析まで行うことができる。

今回の実証実験の結果をもとに、SBI損保は、収集したデータを解析し、テレマティクス保険などドライバーの安全と利便性を向上させるサービス開発を検討。SB C&Sは、データを活用したテレマティクスサービスの開発と国内企業への納入を推進する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ