BMW初の4ドアクーペEV、『i4』市販型を激写!キドニーグリルはEV専用デザイン

BMW i4 市販型スクープ写真
BMW i4 市販型スクープ写真全 16 枚写真をすべて見る

BMW初となる4ドアクーペEV、『i4』市販型をスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

i4は、2017年のフランクフルトモーターショーで公開された『i ビジョン ダイナミクス』の市販モデルとなる。同ブランドのフルEVとしては、2019年内にも登場予定のクロスオーバーSUV『iX3』に続くモデルだ。

i4はEVのためエンジンを冷却するためのエアインテークは必要としない。そのため、カートランスポーターで移動中を捉えた開発車両のフロントマスクには、EV専用デザインのキドニーグリルを装着されていた。

プラットフォームには、「CLAR」モジュラーアーキテクチャを採用し、ボディシルエットは、『4シリーズ グランクーペ』を彷彿させる。テールライトなどディテールは不明だが、奇妙なドアノブを発見。未完成のようだが、手をスライドさせるだけでドアが開く技術が搭載されている可能性がある。

駆動方式は、FRをベースとし、上位モデルはデュアルモーターの4WDとなり、最高出力は370psと予想される。また航続距離は1回の充電で700kmを目指し開発されており、最高速度は200km/h以上、0-100km/h加速は3.8m秒と噂されている。

ワールドプレミアは、2021年9月のフランクフルトモーターショーが有力だ。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/30/318575.html/article/2019/01/30/318574.html/article/2019/01/30/318576.html