トヨタの世界生産台数、1.4%減の888万5533台で3年ぶりのマイナス 2018年

トヨタ自動車堤工場
トヨタ自動車堤工場全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は1月30日、2018年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル生産台数は前年比1.4%減の888万5533台で3年ぶりのマイナスとなった。

国内生産は同1.6%減の313万8751台で2年ぶりのマイナス。海外生産も北米、欧州、豪州で減少し、同1.2%減の574万6782台と、7年振りに前年実績を下回った。

国内販売は同4.2%減の156万4309台と3年ぶりに前年を下回った。そのうち、レクサスブランド車の販売は、同20.8%増の5万5100台。軽自動車の販売は同22.1%増の3万7570台だった。除軽市場のシェアは1.7ポイントダウンの45.9%と2年連続で前年を下回った。

輸出は同4.0%増の189万0170台で2年連続のプラス。中南米や欧州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカに向けた輸出が増加した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型ハリアーに搭載された「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付」。液晶表示の状態では積載の影響受けない。写真提供:トヨタ自動車
  • トヨタ グランエース(右)とアルファード(左)
  • トヨタ ライズ
  • 米国アラバマ州のトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ(TMMAL)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ