原二スクーター、ホンダ ディオ110 のカラーバリエーション変更へ

ホンダ ディオ110(フォギーブルーメタリック)
ホンダ ディオ110(フォギーブルーメタリック)全 6 枚写真をすべて見る

ホンダは、原付二種スクーター『ディオ110』のカラーバリエーションを変更するとともに、全色にツートーンカラーのシートを採用するなど一部仕様変更を行い、2月22日より発売する。

ディオ110は、扱いやすい出力特性と優れた環境性能が特徴の空冷4ストローク110cc単気筒エンジン「eSP」を搭載。安定感のある乗り心地をもたらす14インチ大径ホイール、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックス、駐車時に便利なサイドスタンドを採用するなど、利便性を考慮した装備と、アクティブな走りをイメージさせるスタイリングで、幅広い層から支持を得ている。

今回、流麗で張りのあるスタイリングをより際立たせる新色を設定。艶のある藍色が魅力的な「フォギーブルーメタリック」と、上質感のある「パールアイスバーグホワイト」を採用し、継続色とあわせて全5色の設定とした。

またシートには、ブラックとグレーのツートーンカラーを全色で採用。レッドカラーのリアスポイラーを採用するなど、特別な仕様を施したマットギャラクシーブラックメタリックは、フロントインナーラックの内側を従来のレッドからブラックに、また両側にレッドのストライプを施すなど、スポーティーなイメージを強調した。

価格は23万1120円(マットギャラクシーブラックメタリックのみ23万4360円)。

バイクやクルマを愛する女性へ Lady Go Moto!(レディゴーモト)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型
  • アースマイルビレッジ
  • 井の頭線と中央線が通っている吉祥寺。アクセスの良さから私のように電車で訪れるお客様が多いとか。なんて話を店員さんから聞いていると、レンタルバイクでツーリングを楽しんだライダーさんが返却しに戻ってきました。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/31/318642.html/article/2019/01/31/318641.html/article/2019/01/31/318643.html