ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル 新型発表…オープンGTの最高峰[詳細画像]

ベントレー・コンチネンタルGT コンバーチブル新型
ベントレー・コンチネンタルGT コンバーチブル新型全 40 枚写真をすべて見る

イギリスの高級車ブランド・ベントレーは、第3世代となるオープン・グランドツーリングカー『コンチネンタルGT コンバーチブル』を31日に日本初公開。2019年第3四半期よりデリバリーを開始すると発表した。価格はクーペのコンチネンタルGTより250万円高い2818万円(税込)。

エクステリアデザインの基本要素はコンチネンタルGTと共通。流麗なシルエットはそのままに、開閉可能なソフトトップルーフを備える。開閉状態にかかわらず、ベントレーらしさが感じられるものとした。

ルーフの開閉にかかる時間は19秒(先代比マイナス6秒)、さらに50km/h(同プラス20km/h)までであれば走行中でも開閉が可能だ。また静粛性も向上した。これらは構造の見直し(シンプル化)による恩恵だという。

ボディサイズは全高のみ1399mmと、わずかながら低くなった。パワートレインはW12の6リットルツインターボTSIエンジンで、DCTを組み合わせるのもクーペと同じ。最高出力は635ps、最大トルクは900Nm。最高速度は333km/hで、0-100km/h加速が3.8秒。クーペ比で0.1秒遅くなったが、重量が170kg重くなっていることを考慮すればその差はないに等しい。先代モデル比では20%の軽量化を果たしつつも剛性は5%アップしているという。

最上級のオープンGTならではの快適装備も充実。シートに備えられたネックウォーマーは、よりシートに調和したデザインとなっただけでなく、温かさ、静かさも向上。ステアリングホイールヒーター、シートヒーターはもちろん、新設計のアームレストヒーターも追加。センターアームレストだけでなくドア側にもヒーターを備えることで全方位での快適さを追求した。

ボディカラーは全17色。さらにオプション色も多数設定。ルーフカラーは全7色。新色として、英国らしい「ツイード」が選べるようになった。

《宮崎壮人》

この記事の写真

/

ピックアップ