スバル インプレッサ など、電動パワステのアシスト機能停止のおそれ リコール

スバル・インプレッサ(参考画像)
スバル・インプレッサ(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は1月31日、『インプレッサ』など3車種のステアリングギヤボックスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

不具合は、電動パワーステアリングにおいて、コントロールユニットの端子部の製造条件が不適切で、回路が絶縁されずに導通するものがあったことが原因。そのため、警告灯が点灯するとともにパワーステアリングのアシスト機能が停止し、ステアリングの操作力が増大するおそれがある。

対象となるのは、『インプレッサ』『XV』『フォレスター』の3車種で2018年12月28日~2019年1月16日に製造された約780台。改善措置として、全車両、ステアリングギヤボックスの製造番号を確認し、該当するものはステアリングギヤボックスを良品に交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。社内からの情報により届け出た。

改善箇所改善箇所

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ