川崎重工、車両・航空宇宙システム事業不振で営業益17.4%減 2018年4-12月期決算

川崎重工 神戸本社
川崎重工 神戸本社全 3 枚写真をすべて見る

川崎重工業は1月31日、2018年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。車両事業や航空宇宙システム事業の不振で、営業利益は前年同期比17.4%減の368億円となった。

売上高は同0.2%増の1兆0946億円。航空宇宙システム事業、車両事業などが減収となる一方で、精密機械・ロボット事業などが増収となったことで、全体では前年同期並みとなった。営業利益は船舶海洋事業の改善はあったものの、車両事業、航空宇宙システム事業などが減益となったことで、同17.4%減の368億円となった。

モーターサイクル&エンジン事業は、先進国向け二輪車や四輪車の増加により、売上高は同5.3%増の2262億円となった。増収となったものの、販管費の一時的な増加や米国における鋼材等資材価格の上昇、新興国通貨安の影響などにより、前年同期に比べ32億円減益で営業利益0となった。

経常利益は営業利益の減益に加え、民間航空エンジンの運航上の問題に係る負担金などで、同50.3%減の199億円、四半期純利益は同21.5%減の114億円となった。

通期業績見通しは、航空宇宙システム事業、車両事業等で減少が見込まれることから、売上高を1兆6200億円(前回予測比250億円減)へ下方修正。営業利益660億円、経常利益495億円、純利益310億円は前回予想を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型
  • アースマイルビレッジ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/01/318682.html/article/2019/02/01/318681.html/article/2019/02/01/318683.html