車が必要だけど運転できない---MaaSで交通弱者を支援 NECなど研究

研究に先立って2018年12月14日に地域交通への理解を深めるために小松市で開催した「アイデアソン」の様子
研究に先立って2018年12月14日に地域交通への理解を深めるために小松市で開催した「アイデアソン」の様子全 2 枚写真をすべて見る

NECソリューションイノベータ、いーじー、医療法人社団の田谷会は2月4日、地域の交通課題解決を目的に、地域版MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)分野を視野に入れた共同研究を開始すると発表した。

過疎地域などでは、車が不可欠な環境でありながら、自身で車を運転できないため、日常生活を送るうえで必要な移動手段が確保できない移動制約者が多く存在している。今回の共同研究では、日常生活を送る上で必要な移動手段が確保できない移動制約者の課題解決を目指す。

同日から、石川県小松市で田谷会が運営する介護施設の高齢者に対して、日々の交通における課題やニーズに関するヒアリングを実施する。外出頻度や外出先や、徒歩、自転車、公共交通機関、家族による支援の有無など、移動手段を調べる。

3者は研究を通じて、外出時に人の手を借りざるを得ず、そのことへの心理的負担から頻繁に外出できないと想定される移動制約者の課題を、MaaSによって解決し、「誰もが気がねなく、おでかけできるまち」の実現を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマートポール
  • 富山市
  • 南城市で実施する観光型MaaS実証実験のコンセプト
  • 事故予測を分析する画面のイメージ
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ