その名は「カルメン」、イスパノ・スイザが電動グランドツアラー…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

イスパノ・スイザの電動グランドツアラー、カルメンのティザーイメージ
イスパノ・スイザの電動グランドツアラー、カルメンのティザーイメージ全 1 枚写真をすべて見る

スペインに本拠を置くイスパノ・スイザは2月4日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、電動グランドツアラーの『カルメン』(Hispano Suiza Carmen)を初公開すると発表した。

イスパノ・スイザは、1904年に設立された。1946年までに、1万2000台以上の高級車と5万基の航空機エンジンを製造している。現在は、スペイン・バルセロナに本社、技術センター、工場を構える。

カルメンは1938年、イスパノ・スイザが生産したラグジュアリーモデル、『デュポネ・クセニア』にインスピレーションを得た電動グランドツアラーだ。カルメンは、スペイン・バルセロナで設計と開発を行い、ハンドメイド生産される。カーボンファイバー製モノコックをベースにしている。

カルメンには、イスパノ・スイザと提携関係にあるQEV テクノロジーズの電動パワートレインを搭載する。バルセロナを本拠にするQEVテクノロジーズは、フォーミュラEチームやスーパーカーブランド、自動車メーカー向けに、設計やエンジニアリングサービスを提供している。

なお、イスパノ・スイザは、カルメンのティザーイメージを1点公開した。カーボンファイバー製のモノコック構造が確認できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • ブラバス 850 4×4 ファイナルエディション(ジュネーブモーターショー2019)
  • アルピナ B7 改良新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • グンペルト・ナタリー(ジュネーブモーターショー2019)
  • VW ティグアンR スクープ写真
  • アウディ S4 改良新型 スクープ写真
  • マツダ アテンザ改め「マツダ6」次期型の予想デザイン。FR化&直6搭載の噂も?
  • MINI JCW GP 市販型 スクープ写真

ピックアップ