これがアウディ「A6オールロード」新型だ!3月サプライズデビューか

アウディ A6 オールロードクワトロ 新型 予想CG
アウディ A6 オールロードクワトロ 新型 予想CG全 13 枚写真をすべて見る

2018年、アウディは『A6セダン/アバント』の新型を発表したが、第3弾となる『A6オールロード』新型も登場を控えている。豪雪のフィンランドで最終テストをおこなう開発車両の姿から、市販モデルを予想したレンダリングCGを入手した。

開発車両はリフトアップされ、専用デザインのルーフレールやフェンダーフレア、Yスポーツ大径ホイールを装着し、フロントバンパー、サイドシルがワイド化されていることがわかる。オールロードの特徴であるオーバーフェンダーは、開発車両の姿からもバッチリと確認できる。これらを元にしたCG、完成度はなかなか高いのではなだろうか。

ちなみに、グリルのクロムストリップが生産型に採用されるかは不明だ。

パワートレインの詳細も見えてきた。7速SトロニックATと組み合わされる、3.0リットルV型6気筒TFSIエンジンを搭載し、最高出力340psを発揮する。また8速ティプトロニックと組み合わされる3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルは、最高出力286psを発揮。スポーツディファレンシャルが標準装備される見込みだ。また2.0リットル直列4気筒ターボエンジンはラインアップされないと予想される。

ラゲッジルーム容量は、565リットルに進化。40対20対40の3分割式の後席を倒せば、最大で1680リットルに拡大される。室内では、12.3インチのデジタルメーター・クラスタ、10.1インチのインフォテイメント・システム、8.6インチのタッチスクリーン、最新世代の「MMIタッチレスポンス」などの最新世代の装備が期待できそうだ。

ワールドプレミアは2019年内と予想されていたが、3月のジュネーブモーターショーでサプライズ登場の可能性もある。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

この記事の写真

/

ピックアップ