ジムニーシエラ、1/10電動RCカー用ボディでR31ハウスから登場

スズキ・ジムニーシエラ電動RCカー
スズキ・ジムニーシエラ電動RCカー全 6 枚写真をすべて見る

7代目(R31型)スカイライン専門店「R31ハウス」(岐阜県・坂祝町)を運営する柴田自動車は、スズキ『ジムニーシエラ』の電動RCカー用ボディを2月15日に発売する。

スズキのライセンスを受けてリアルに再現したボディは、ポリカーボネート製(未塗装、フロント&バンパー別体)で、好みのカラーに塗装して仕上げることができる。サイズは全幅180mm、ホイールベース225mm。価格(税別)は5500円。オリジナルのMシャーシは現在開発中で、量産体制が整い次第発売する。

R31ハウスは1996年、7代目スカイラインの専門店として開業。中古車販売、チューニング、レストアなどを手がけてきた。2010年にはラジコンサーキットの運営を開始。オリジナルラジドリ(ラジコンドリフト)シャーシ「GRK」シリーズの開発・販売を手がけるなど、ラジコン事業にも力を注いでいる。

東京オートサロン2019において、R31 HOUSEは、新型ジムニーシエラのモンスタートラックを展示。同社のブースが…

スズキ・ジムニーシエラ電動RCカースズキ・ジムニーシエラ電動RCカー

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ