スバルのレーシングカー3台、デモ走行決定…モースポフェス2019

2018年 SUBARU BRZ GT300/ドライバー:井口卓人
2018年 SUBARU BRZ GT300/ドライバー:井口卓人全 3 枚写真をすべて見る

3月2~3日に鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、WRブルーをまとったSUBARU(スバル)のレーシングカーが走行することが決定した。

車両は2018年SUPER GT GT300クラスに参戦した「SUBARU BRZ GT300」、2016年ニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝を果たした「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ」、1998年WRCに参戦し歴史に名を刻んだ「インプレッサ WRC98」の3台。スバルのレーシングカーがモースポフェスで行われるイベントに登場し、迫力のある走行を披露する。

またブース車両展示では走行予定のインプレッサ WRC98、東京オートサロン出展車「WRX STIラリーコンセプト」を出展。ドライバーサイン会も実施する予定だ。

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル、インディアナ工場
  • スバル・レガシィ (米国仕様)
  • SUBARU On-TubeによるSUPER GT LIVE配信(スクリーンショット)
  • スバル・フォレスター 新型(北米仕様)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ