カーナビタイム、車検証QRコードを読み取るだけで車種情報を自動登録

車検証読み取り機能
車検証読み取り機能全 2 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは、iOS向け「カーナビタイム」の車種登録に「車検証読み取り」機能を2月21日より追加した。

新機能では、車検証のQRコードをスマートフォンで読み取るだけで、メーカー、車名、料金区分、車高、車幅などの車種情報をマイカー情報画面に自動で入力・保存できる。これまで車種情報を登録する場合、車高や車幅などの情報をひとつずつ入力する必要があったが、新機能の追加により、簡単に車種情報を登録できるようになった。

車種情報を登録することで、車種に合わせた適切なルート検索や高速料金表示が可能になる。また、車高・車幅を考慮し、道幅の狭い道路や高さ制限のあるトンネルなどを避けたルートを案内することで、目的地到着までの予定外の大回りを防ぐなどに役立てられる。

また、今回の対応により、車検証の満了日も自動で入力。満了日が近づくとカーナビタイム上でアラート表示し、車検の有効期限切れを未然に防ぐ。

なお、新機能はAndroid OS向けカーナビタイムにも順次対応する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」Webサイト
  • カーナビタイムのApple CarPlay対応イメージ(交差点案内)
  • カーナビタイムのドライブレコーダー機能
  • トレンドはApple CarPlay+ナビタイムの『カーナビタイム』。時代にマッチしたカーナビ体験記
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/22/319420.html/article/2019/02/22/319419.html/article/2019/02/22/319421.html