レクサス、世界累計販売台数1000万台を達成

レクサス LS/LC
レクサス LS/LC全 4 枚写真をすべて見る

レクサスは2月25日、全世界での累計販売台数1000万台を達成したと発表した。

レクサスは、1989年に北米市場に初代『LS』を投入し、トヨタ自動車の高級車ブランドとして展開を開始、日本市場では2005年からのスタートとなった。以来、グローバルで順調に販売を重ね、約20年で世界累計販売台数1000万台を達成した。また、2005年に『RX400h』を発売して以降、ハイブリッドモデルの拡充を続け、累計販売台数は145万台を超えている。

2018年には量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用した新型『ES』や、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー『UX』を発売し、グローバルで過去最高の69万8330台を販売。ハイブリッドモデルの年間販売実績はそのうち20%を占めるなど、着実に歩みを重ねている。

レクサス プレジデントの澤良宏氏はグローバル累計販売台数1000万台達成について、「世界中のお客様のおかげで、このマイルストーンに辿り着いたことを大変喜ばしく思います。これからもラグジュアリーライフスタイルブランドとして、創造的な先進技術や、運転の愉しさを備えたより魅力的な商品、独自のブランド活動を通じて”驚きと感動の体験”を提供することを目指していきます」とコメントしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LS
  • レクサス UX 300e(欧州仕様)
  • レクサス IS 改良新型(北米仕様)
  • 改良新型レクサス IS の「レクサスARプレイアプリ」
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ