東京電力や三菱自動車など、V2G実証試験の結果を報告...17台のEV/PHEVを活用

V2Gアグリゲーター事業の実証試験概要 1
V2Gアグリゲーター事業の実証試験概要 1全 2 枚写真をすべて見る

東京電力HD、東京電力エナジーパートナー、東京電力パワーグリッド、日立システムズパワーサービス、三菱自動車、静岡ガス、日立ソリューションズの7社は、2018年度から共同で取り組んできたV2G(ヴィークル to グリッド)実証試験の結果を2月26日、経済産業省に報告した。

今回の実証試験では、静岡ガス東部支社、静岡ガス吉原基地、および三菱自動車岡崎製作所の構内において、計17台のEV/PHEV(EV:5台、PHEV:12台)を使用し、電気自動車(EVおよびPHEV)と電力系統の間で、双方向の電力融通を実現する国内最大規模の実証環境の構築に関する検証を実施。電力系統安定化に寄与する有効性を確認した。

具体的には、系統混雑緩和(電流制御)は、制御指令に対するEV/PHEV用充放電器(EVPS)およびEV/PHEVの応答性と追従性について、秒単位(5~10秒程度)での出力応答が可能であることを確認。将来的には、高速通信環境と合わせることで、遠隔地から秒単位の制御指令にも活用できると考えている、とした。

また、電圧上昇抑制(無効電力制御)についても、系統混雑緩和(電流制御)と同様に、制御指令どおりの出力応答が可能であることを確認した。

V2Gアグリゲーター事業の実証試験概要 2V2Gアグリゲーター事業の実証試験概要 2

7社では、EV/PHEVの活用により、電力系統の安定化技術を向上させることで、太陽光発電などの自然変動電源のさらなる普及拡大など、電力系統の柔軟な運用に貢献できると考えており、引き続きV2G関連技術のさらなる研究を重ね、V2Gアグリゲーター事業の実現に向けて、ビジネスモデルの構築に取り組んでいく。

《丹羽圭@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  4. 【トヨタ ランクル GRスポーツ 試乗】新たに搭載された2つのオフロード最新技術が凄い!...九島辰也
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  7. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  8. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  9. メルセデスAMG SL 、メルセデスベンツ SL 後継…10月28日デビューが決定
  10. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
ランキングをもっと見る