マクラーレン 720S、スーパーシリーズの2世代目は650Sから大幅進化[詳細画像]

マクラーレン 720S
マクラーレン 720S全 50 枚写真をすべて見る

マクラーレンのスーパーシリーズ第2世代となる『720S』。スーパーシリーズは、マクラーレンの事業の核となるものであり、また、720Sは、同じスーパーシリーズの『650S』よりも軽く、速くなっているほか、性能も大幅に向上しているという。

720Sに搭載されるM840Tエンジンは、マクラーレンおなじみのツインターボV型8気筒エンジンシリーズの流れを組んでいる。4リットルのこのエンジンは、マクラーレンスポーツシリーズに引き続き搭載されている3.8リットルエンジンに比べ、41%の部品が変更されており、最高出力と最大トルクはそれぞれ720PS、770Nmを発揮している。

その結果、停止状態から100km/hまでの加速は3秒を切り、その後わずか5秒で200km/hまで加速。最高時速は341km/hを記録している。

ブレーキ性能もそのパフォーマンスに見合ったもので、200km/hから停止状態に至るまでがわずか4.6秒で、その間の走行距離は117mである。

インテリアは、折りたたみ式のドライバー用ディスプレーとキャビン中央のインフォテイメントスクリーンで構成されており、マクラーレンならではの手作りの贅沢さ、上質なレザーと機械加工されたアルミニウムの格調高さがアクセントとなっている。

また、視界の良さや広さ、快適さも向上しており、使いやすさにも優れているという。

720Sにはスタンダードおよび上位グレードであるパフォーマンスとラグジュアリーの3種類があり、上位グレードにはさまざまなオプションパックが装備されている。価格は3338万3000 (税込)から。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/27/319556.html/article/2019/02/27/319555.html/article/2019/02/27/319557.html