日産が電動車の販売を5倍に、「e-POWER」を2022年までに欧州投入へ…ジュネーブモーターショー2019

e-POWERを搭載する日産IMQコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)
e-POWERを搭載する日産IMQコンセプト(ジュネーブモーターショー2019)全 4 枚写真をすべて見る

日産自動車(Nissan)の欧州部門は3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、「e-POWER」システム搭載車を欧州市場に投入すると発表した。

e-POWERシステムは現在、日本向けの『ノート』と『セレナ』に搭載されている。e-POWERは、発電専用のガソリンエンジン、発電機、インバーター、バッテリー、電動モーターでシステムを構成する。ガソリンエンジンは発電にのみ使用されるため、常に最適な速度で回転する。このため、従来の内燃エンジンと比較して、燃費や排出ガス性能に優れるという利点を持つ。

日産はジュネーブモーターショー2019において、このe-POWERシステム搭載車を欧州市場に投入すると発表した。e-POWERシステム搭載車は、日本国内のノートの販売の7割以上、セレナの販売のほぼ半分を占めている。

日産が欧州にe-POWERを投入するのは、EVの『リーフ』が牽引してきた欧州における電動車両のリーダーシップを、さらに強化するのが狙いだ2022年までにe-POWERを欧州の量販モデルに搭載することで、欧州における日産の電動車両の販売は現在の約5倍となり、2022年度末には市場平均の2倍の規模に達する見込みという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジュネーブモーターショー2019
  • ジュネーブモーターショー2019
  • MDI エアーポッド(2008年)
  • DCデザイン・ガイア(2003年)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ